胆管炎(読み)たんかんえん(英語表記)cholangitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆管炎
たんかんえん
cholangitis

肝内の胆管および肝外の肝管,胆嚢管総胆管に起る炎症。しばしば胆嚢炎を合併する。化膿性胆管炎は多くは結石と関係がある。悪寒戦慄を伴い,高熱を発し,疝痛黄疸を伴うことが多い。早期に総胆管を切開あるいは穿刺して排膿をはかる必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

胆管炎【たんかんえん】

胆管に起こる炎症で,しばしば胆嚢(たんのう)炎を合併する。原因,症状,治療法は胆嚢炎と同じだが,しばしば胆嚢炎よりも症状は激しく,持続しやすい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆管炎
たんかんえん
cholangitis

胆道感染症には胆嚢(たんのう)炎と胆管炎があり、ほとんどの場合、胆石や腫瘍(しゅよう)による胆道系の通過障害と胆汁のうっ滞が背景となって発症する。腸管から胆道系を逆行する大腸菌の上行性感染の頻度がもっとも高い。ここでは、胆管炎について述べる。
 胆管炎は急性化膿性胆管炎ともよばれ、発熱、腹痛、黄疸(おうだん)は必発の症状であり、この三つはシャルコーCharcot三徴とよばれる。症状が進行して胆管が閉塞すると胆道内圧が上昇し、急性閉塞性化膿性胆管炎発症の引き金となる。原因は胆管結石がもっとも多い。シャルコー三徴にエンドトキシンショックと意識障害を加えてレイノルズReynolds五徴とよび、急性閉塞性化膿性胆管炎の症状である。
 超音波検査、磁気共鳴胆管膵管検査を行い、前述の臨床症状に加えて、胆管内結石とその末梢胆管の拡張を認めれば診断は確実である。
 急性閉塞性化膿性胆管炎に至ると敗血症を起こし、エンドトキシンショックや播種(はしゅ)性血管内凝固症候群をきたし予後は著しく不良となる。治療は抗生物質を投与するとともに速やかに胆道ドレナージを行い胆道減圧を図ることがきわめて重要である。[中山和道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の胆管炎の言及

【胆管】より

…膵炎もおこりやすい。 胆管の病気の代表的なものは胆管結石であり,次いで胆管癌,胆管炎などが問題となる。胆管で初めからつくられる胆石はビリルビンカルシウム石であり,コレステロール石が存在する場合は,胆囊でつくられたものが胆囊管を通って排出されて生じたものである。…

※「胆管炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆管炎の関連情報