コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフホダー Dehkhodā

世界大百科事典 第2版の解説

デフホダー【Dehkhodā】

1879‐1956
近代イランの風刺作家。テヘランでフランス語を修め,東欧のイラン公館に勤務。イラン立憲革命のとき,立憲派週刊紙《スーレ・イスラーフィール》紙上で風刺的エッセー《チャランド・パランド(たわごと)》を,バーザールの庶民の言葉で巧みに書き人気を博した。1908年反革命後,スイスで上記紙を発行しつづけた。1930年代からペルシア語の《デフホダー辞典》を編纂した。【加賀谷 寛】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

デフホダー
Dehkhodā


1879 - 1956
イランの小説家,政治家。
国会議員。
テヘラン生まれ。
本名Alī Akbar。
テヘランでフランス語を学んだ後、東欧のイラン公館に勤める。イラン立憲革命の際は、立憲派週刊紙の「スーレ・イスラーフィール」に風刺的エッセーを書き人気を得た。1908年の反革命後は、スイスで「スーレ・イスラーフィール」の発行を続けた。帰国後に国会議員となっている。ペルシア語の「デフホダー辞典」を編纂し、全4巻にわたる「金言と叡智」を著した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

デフホダーの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三ボアボードランおもなお雇い外国人市川崑

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android