コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフホダー Dehkhodā

2件 の用語解説(デフホダーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デフホダー【Dehkhodā】

1879‐1956
近代イランの風刺作家。テヘランフランス語を修め,東欧のイラン公館に勤務。イラン立憲革命のとき,立憲派週刊紙《スーレイスラーフィール》紙上で風刺的エッセー《チャランド・パランド(たわごと)》を,バーザールの庶民の言葉で巧みに書き人気を博した。1908年反革命後,スイスで上記紙を発行しつづけた。1930年代からペルシア語の《デフホダー辞典》を編纂した。【加賀谷 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

デフホダー
Dehkhodā


1879 - 1956
イランの小説家,政治家。
国会議員
テヘラン生まれ。
本名Alī Akbar。
テヘランでフランス語を学んだ後、東欧のイラン公館に勤める。イラン立憲革命の際は、立憲派週刊紙の「スーレ・イスラーフィール」に風刺的エッセーを書き人気を得た。1908年の反革命後は、スイスで「スーレ・イスラーフィール」の発行を続けた。帰国後に国会議員となっている。ペルシア語の「デフホダー辞典」を編纂し、全4巻にわたる「金言と叡智」を著した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デフホダーの関連キーワードカターエフ風刺画ルキアノスイランのクルド一竿の風月イランイランカザックパルティアイラン語ラブレー風

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone