コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフホダー(英語表記)Dehkhodā

世界大百科事典 第2版の解説

デフホダー【Dehkhodā】

1879‐1956
近代イランの風刺作家。テヘランでフランス語を修め,東欧のイラン公館に勤務。イラン立憲革命のとき,立憲派週刊紙《スーレ・イスラーフィール》紙上で風刺的エッセー《チャランド・パランド(たわごと)》を,バーザールの庶民の言葉で巧みに書き人気を博した。1908年反革命後,スイスで上記紙を発行しつづけた。1930年代からペルシア語の《デフホダー辞典》を編纂した。【加賀谷 寛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

デフホダー
Dehkhodā


1879 - 1956
イランの小説家,政治家。
国会議員。
テヘラン生まれ。
本名Alī Akbar。
テヘランでフランス語を学んだ後、東欧のイラン公館に勤める。イラン立憲革命の際は、立憲派週刊紙の「スーレ・イスラーフィール」に風刺的エッセーを書き人気を得た。1908年の反革命後は、スイスで「スーレ・イスラーフィール」の発行を続けた。帰国後に国会議員となっている。ペルシア語の「デフホダー辞典」を編纂し、全4巻にわたる「金言と叡智」を著した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android