コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デホダー デホダー Dehkhodā, `Alī Akbar

2件 の用語解説(デホダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デホダー
デホダー
Dehkhodā, `Alī Akbar

[生]1879. テヘラン
[没]1956. テヘラン
イランの随筆家,文学者。テヘランで教育を受けたのちヨーロッパに留学。帰国後,立憲革命運動の時代に 1907年から2年間,週刊誌『スーレ・イスラーフィール』に『チャランド・パランド (たわごと) 』 Charand parandと題する一連の政治風刺随筆を発表,反立憲制の分子を激しく非難した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デホダー
でほだー
‘Al Akbar Dekhod
(1879―1955)

イランの文学者。カズビーンの地主の子としてテヘランに生まれる。ヨーロッパに留学。立憲革命運動期発行の週刊紙『スーレ・イスライール』に「チャランド・パランド」(たわごと)と題し一連のエッセイを執筆、近代ペルシア文学に風刺の要素を導入した。のち古典研究に打ち込み、全四巻からなる『ペルシア(ことわざ)集』(1931)、ペルシア語最大の『デホダー事典』を編纂(へんさん)した。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デホダーの関連キーワードイラン立憲革命テヘランえへらえへらテヘラン会談NIOCテヘラン宣言ダムガーンテヘラン考古学博物館ハズアルテヘラン協定

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone