デマデス(英語表記)Dēmadēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デマデス
Dēmadēs

[生]前380頃
[没]前319
古代ギリシア,アテネの雄弁家,外交家。デモステネスの政敵。テーベ破壊後アレクサンドロス3世 (大王) がアテネに対して寛大な処置をとったのは,おもに親マケドニア政策を主張した彼の功績であった。前 324~323年反アレクサンドロス派から賄賂を受けたかどで重い罰金を科せられ,市民権を失った。アレクサンドロスの死後復権し,ラミア戦争 (前 323~322) 後のアンチパトロスとの和議に尽力したが,前 319年ペルディッカスとの陰謀を,アンチパトロスかその息子のカサンドロスに発見され,殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android