コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デマデス Dēmadēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デマデス
Dēmadēs

[生]前380頃
[没]前319
古代ギリシア,アテネの雄弁家,外交家。デモステネスの政敵。テーベ破壊後アレクサンドロス3世 (大王) がアテネに対して寛大な処置をとったのは,おもに親マケドニア政策を主張した彼の功績であった。前 324~323年反アレクサンドロス派から賄賂を受けたかどで重い罰金を科せられ,市民権を失った。アレクサンドロスの死後復権し,ラミア戦争 (前 323~322) 後のアンチパトロスとの和議に尽力したが,前 319年ペルディッカスとの陰謀を,アンチパトロスかその息子のカサンドロスに発見され,殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デマデスの関連キーワードフォキオンドラコン外交家雄弁家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デマデスの関連情報