カサンドロス(英語表記)Kassandros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサンドロス
Kassandros

[生]前358頃
[没]前297
マケドニア王 (在位前 305~297) 。カッサンドロスとも表記される。アンチパトロスの子。アレクサンドロス3世 (大王) の「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人。マケドニアの摂政であった父が死んだあと,新摂政ポリュペルコンを認めず,アンチゴノス1世の力をかりて,マケドニアとアテネを含むギリシアの大部分を掌握。次いでプトレマイオス1世ソテルセレウコス1世リュシマコスらと結んでアンチゴノスに対抗,前 301年のイプソスの戦いでアンチゴノスを破り,マケドニアの支配を確保した。また大王の遺児アレクサンドロス4世,その母ロクサネを殺し,大王の家を断絶させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android