コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサンドロス Kassandros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサンドロス
Kassandros

[生]前358頃
[没]前297
マケドニア王 (在位前 305~297) 。カッサンドロスとも表記される。アンチパトロスの子。アレクサンドロス3世 (大王) の「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人。マケドニアの摂政であった父が死んだあと,新摂政ポリュペルコンを認めず,アンチゴノス1世の力をかりて,マケドニアとアテネを含むギリシアの大部分を掌握。次いでプトレマイオス1世ソテルセレウコス1世リュシマコスらと結んでアンチゴノスに対抗,前 301年のイプソスの戦いでアンチゴノスを破り,マケドニアの支配を確保した。また大王の遺児アレクサンドロス4世,その母ロクサネを殺し,大王の家を断絶させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサンドロス
かさんどろす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カサンドロスの関連キーワードデメトリオス[ファレロン]オリュンピオドロスデメトリオス1世フィロクセノスオリュンピアスエウヘメロステッサロニキピドナの戦いデモカレスセサロニキポチダイアエラテイアデマデステーベ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android