コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルディッカス Perdikkas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルディッカス
Perdikkas

マケドニアの3人の王。ペルディッカス1世 (在位前7世紀後半) はマケドニア沿岸部を征服したとされる。ペルディッカス2世 (在位前 450頃~413) は巧みな外交術によって,全マケドニアをその影響下に治め,自国に対するアテネ支配の弱体化に努めた。ペルディッカス3世 (在位前 365~359) はフィリッポス2世の兄で,イリュリア人との戦争に敗れ,部下 4000人とともに殺害された。

ペルディッカス
Perdikkas

[生]前365頃
[没]前321
アレクサンドロス3世 (大王) 麾下の将軍の1人。マケドニア歩兵部隊を率いて大王の遠征軍に加わった。大王の死後,みずから全帝国の支配者になろうとするような動きをみせはじめたが,エジプトのプトレマイオス1世ソテルフリュギアアンチゴノス1世クラテロス,ヨーロッパに逃げたアンチパトロスらは同盟してこれをさえぎった。彼はまずプトレマイオスを押えようとエジプトにおもむいたが,部下に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルディッカス【Perdikkas】

?‐前321
マケドニアの将軍。マケドニアの西,オレスティスの有力家系の出身。アレクサンドロス大王に最も信頼された一人。大王の東征に,最初は出身地歩兵軍団指揮官として活躍,大王の死の直前,帝国宰相位(キリアルキア)についた。王の死後その異母兄弟のフィリッポス3世,王の子アレクサンドロス4世を擁し権力を握ったが,諸将と対立,エジプトのプトレマイオス1世を討とうとしたが失敗し,暗殺された。【井上 一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペルディッカスの言及

【ディアドコイ】より

…大王の死後将軍たちの間に,帝国の統一支配を目ざすか,自己の領域支配を目ざすかの対立が生まれた。帝国宰相ペルディッカスの統一支配強行に対する反発(前321)にはじまる抗争は,大王の近親をふくむ多くの権力志向者の命を失わせ,結局エーゲ海を制圧し王を称したアンティゴノス1世デメトリオス1世父子に対する,エジプト,トラキア,バビロニア,マケドニアをそれぞれ基盤とするプトレマイオス1世リュシマコスセレウコス1世,カッサンドロスKassandros連合軍の勝利となって終わる(前301)。しかしデメトリオスはカッサンドロスの死後マケドニア王となるが,前287年リュシマコスに追われる。…

※「ペルディッカス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペルディッカスの関連キーワードフィリッポス[2世]アンティパトロスマケドニア王国カッパドキアディアドコイアルケラオスエウメネスシタルケスリシマコスデマデス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android