コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミア戦争 ラミアせんそうLamian War

3件 の用語解説(ラミア戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラミア戦争
ラミアせんそう
Lamian War

アレクサンドロス3世 (大王) の死後,前 323~322年にアテネが他のギリシア諸都市とともにマケドニアに対して起した戦い。ギリシア勢はマリス地方の都市ラミアでマケドニア軍を包囲して一時優勢を得たが,やがて海陸で敗退し,無条件降伏

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラミアせんそう【ラミア戦争】

前323‐前322年にギリシアがマケドニアからの独立を試みた戦争。アレクサンドロス大王の死の情報が前323年の夏にギリシアに伝わると,マケドニアの支配から脱しようとする動きがただちに表面化した。アテナイの将軍レオステネスLeōsthenēsは,アイトリア同盟などと協力してマケドニアの将軍アンティパトロスを撃破し,彼をマリス地方のラミアLamiaに包囲した。翌年早くレオステネスは戦死し,アテナイ軍はテッサリア軍などとともにラミア包囲を続けたが,マケドニア救援軍が接近したため,春に包囲を解いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラミア戦争
らみあせんそう

紀元前4世紀のギリシア諸ポリスとマケドニアとの戦い。「ギリシア人の戦争」ともよぶ。ラミアLamiaはギリシア中部、テッサリアとの境界に近い小邑(しょうゆう)。紀元前323年のアレクサンドロス大王の死を機に、同年秋アテネを中心とするギリシア諸ポリスはマケドニアに対して蜂起(ほうき)、アンティパトロス麾下(きか)のマケドニア軍をラミアに包囲したが、翌年海陸に敗れて諸ポリス最後の解放戦争はついえた。扇動した弁論家ヒペレイデスやデモステネスは刑死ないし自殺した。[金澤良樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラミア戦争の言及

【フォキオン】より

…アテナイの政治家。前4世紀後半,メガラやビュサンティオンの救援に功績を挙げ,前322年のラミア戦争ではマケドニア軍のアッティカ侵入を阻止した。市民の信望が厚く,45回も将軍(ストラテゴス)に選ばれる。…

※「ラミア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone