デモクラシー

精選版 日本国語大辞典の解説

デモクラシー

〘名〙 (democracy) 民主政体。民主主義。民主的な原理、思想、実践。また、日常生活での人間関係における自由や平等。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「正党は旧来現在の政体を維持して尚ほ一層人民に政権(デモクラシー)を与へんと欲す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のデモクラシーの言及

【民主主義】より

…民主主義のこうした言葉としての普遍化と意味の多様化は,現代世界,とりわけ第1次大戦以後のことである。 民主主義,すなわちデモクラシーとは,〈人民の権力〉を意味する古代ギリシア語のdēmokratiaを語源とし,それがラテン語を経由してヨーロッパ各国の近代語の中に受け継がれたものである。それは本来,君主制,貴族制とならんで国家の統治形態の一形式を示す言葉,すなわち民主制であり,その原理は前5~前4世紀のアテナイにみられたように,政治的共同体(都市国家)の重要な決定には参政権をもった市民全員が参加すること,公務は抽選で全員が負担すること,および共同体防衛の義務を全員が負うことであった。…

※「デモクラシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デモクラシーの関連情報