コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ブーシェ Du Bouchet, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・ブーシェ
Du Bouchet, André

[生]1924. パリ
[没]2001.4.19. ドローム
フランスの詩人。言語と現実との乖離 (かいり) を最も先鋭に意識した作品を書く。したがってその詩は連続性をもたず,凝縮された断片的詩句によって構成され,空白も言語の不可能性を表現する重要な手段となる。詩集『空白の暑熱のなかで』 Dans la chaleur vacante (1960) ,『太陽はどこ』 Où le soleil (1969) ,『不整合』L'Incohérence (1979) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デュ・ブーシェの関連キーワードドギー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android