デラフォス石(読み)でらふぉすせき(英語表記)delafossite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デラフォス石
でらふぉすせき
delafossite

銅(Cu)と鉄(Fe)の複酸化物。Cu1+Fe3+O2という非常に単純な化学組成であるにもかかわらず、産出は案外限定される。同系鉱物はマコンネル石mcconnellite(化学式CuCrO2)のみでデラフォス石系を構成する。自形は六角板状のものと六角短柱状のものとがあるが、多く集落状、球顆(きゅうか)状、土状などである。各種銅鉱床の酸化帯中に産する。大部分は二次的生成物であるが、まれに初生鉱物と判断されるものが細脈中にみられることがある。日本では愛媛県新居浜(にいはま)市別子(べっし)鉱山(閉山)の酸化帯から発見されている。
 共存鉱物は自然銅、赤銅鉱、黒銅鉱tenorite(CuO)、くじゃく石、赤鉄鉱、石英、カオリナイトなど。同定は黒色皮膜で案外もろいことによる。非常に強力な磁石には反応する。二酸化マンガン鉱物のように真っ黒ではなく、どこか褐色味をみせる。純粋な皮膜であれば、これから得られた粉末でも比重の大きさがわかる。命名はフランスの鉱物学者ガブリエル・デラフォスGabriel Delafosse(1796―1878)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android