コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤銅鉱 せきどうこうcuprite

翻訳|cuprite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤銅鉱
せきどうこう
cuprite

Cu2O 。等軸晶系の鉱物。金属または金剛光沢,緋紅ないし赤色,硬度 3.5~4,比重 6.1。条痕は赤色。の重要な2次鉱物で,主として銅鉱脈の酸化帯に,孔雀石褐鉄鉱などとともに産する。キュープライトラテン語の銅を意味する語 (cuprum) に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐どうこう〔‐ドウクワウ〕【赤銅鉱】

酸化物からなる鉱物。赤・赤黒色で光沢がある。八面体・立方体の結晶もあるが塊状・粒状・土状。等軸晶系銅鉱床の酸化帯にでき、透明度が高いものは宝石として利用される。キュープライト。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤銅鉱【せきどうこう】

銅鉱床の露頭や酸化帯に産出する銅の鉱石鉱物。普通は自然銅,クジャク石などと共存。塊状で産することが多いが繊維状・針状のものは毛赤銅鉱と呼ばれる。組成はCu2O。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せきどうこう【赤銅鉱】

銅の酸化物からなる鉱物。立方晶系。暗赤色の亜金属光沢がある。各種銅鉱床の酸化帯に産する。 → 酸化銅

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤銅鉱
せきどうこう
cuprite

銅の二次鉱物の一つ。各種銅鉱床の酸化帯中に産するほか、ある種の超塩基性岩・塩基性岩中に自然銅に伴って初生鉱物としても産する。自形は立方体、正八面体、斜方十二面体など。針銅鉱chalcotrichiteとよばれる赤銅色針状のものもある。日本では秋田県協和町(現、大仙(だいせん)市協和)荒川鉱山、同鹿角(かづの)市尾去沢(おさりざわ)鉱山で産したものが有名。英名は成分にちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤銅鉱の関連キーワード赤銅鉱(データノート)カルコアルマイト亜酸化銅型構造デラフォス石赤銅鉱型構造水亜鉛銅鉱アガード石酸化鉱物銅鉱物暗赤色酸化銅葉銅鉱黒銅鉱骸晶鉱山銅山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤銅鉱の関連情報