当否(読み)とうひ

精選版 日本国語大辞典「当否」の解説

とう‐ひ タウ‥【当否】

〘名〙 あたることとあたらないこと。あたりはずれ。また、正しいこととそうでないこと。よしあし。とうふ
※授業編(1783)一「其説の当(トウヒ)はしばらく置」 〔史記‐酷吏伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「当否」の解説

【当否】とう(たう)ひ

正否。是否。〔韓非子、難二〕今晏子は其の當否を察せずして、(はなは)だ多きを以てを爲す。亦たならずや。~今刑罰(ゆる)くし刑を行ふは、是れ姦を利して善人するなり。

字通「当」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android