コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ロイテル デロイテル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・ロイテル
でろいてる
Michiel Adriaanszoon de Ruyter
(1607―1676)

オランダの提督。フリシンゲンに生まれる。11歳のころから海員生活に入り、航海、諸外国語の知識を身につけた。1652年第一次オランダ・イギリス戦争(1652~54)が始まると、ゼーラント海軍管区の司令官としてプリマス沖、ダウンズ沖などの海戦で戦略家として名声をあげた。翌年デ・ウィットの推挙でアムステルダム海軍管区の副提督となり、オランダ商船隊の護衛に従事して地中海の海賊や私掠(しりゃく)船を掃討し、またバルト海域やカリブ海域で活躍した。65年アムステルダム海軍管区提督、オランダ海軍最高司令官に任命され、新「七州号」を旗艦とした。第二次オランダ・イギリス戦争(1665~67)では、デ・ウィットと協力してイギリス海軍を悩ませ、ことにチャタムの奇襲攻撃でイギリス人に恐怖を与えた。第三次オランダ・イギリス戦争(1672~74)にもオランダ海軍を率いて英仏連合艦隊を迎え撃ち、偉功をたてた。75年、同盟国スペインの海軍を援助するため地中海に出動し、翌年シチリア島のシラクーザ沖でフランス海軍と戦い、重傷を負って没した。[栗原福也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デ・ロイテルの関連キーワードイギリス=オランダ戦争イギリス・オランダ戦争デン・ヘルデルオランダ戦争オランダ史3月24日ブロックブレークトロンプ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android