コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デービソン=ジャーマーの実験 デービソン=ジャーマーのじっけんDavisson-Germer's experiment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デービソン=ジャーマーの実験
デービソン=ジャーマーのじっけん
Davisson-Germer's experiment

1927年 C.J.デービソンと L.ジャーマーが共同して電子の波動性を実証した実験。この実験では,ニッケルの単結晶板に電子線を当てて,X線のときのような干渉像を観測した。 28年には G.トムソンが多結晶の薄い金箔で,菊池正士が雲母箔で,陰極線のみごとな回折像を得た。この一連の実験により,電子の波動性は疑いのない事実となり,37年デービソントムソンノーベル物理学賞が授与された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デービソン=ジャーマーの実験の関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー