コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池正士 きくちせいし

7件 の用語解説(菊池正士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊池正士
きくちせいし

[生]1902.8.25. 東京
[没]1974.11.12. 東京
実験物理学者東京帝国大学理学部物理学科卒業。理化学研究所に入り (1928) ,ドイツに留学。大阪帝国大学教授 (34) 。東京大学原子核研究所初代所長 (55) 。日本原子力研究所理事長 (59~64) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きくち‐せいし【菊池正士】

[1902~1974]実験物理学者。東京の生まれ。菊池大麓(だいろく)の四男。大阪大学教授。雲母を用いた電子線回折を研究し、菊池線・菊池帯などの菊池図形とよばれる回折模様を発見。ドイツ留学後、大阪大学にサイクロトロンなどを建設。日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)理事長などを歴任。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菊池正士【きくちせいし】

実験物理学者。東京生れ。菊池大麓の次男。1926年東京帝国大学物理学科卒業,理化学研究所に入り,電子線による世界初の単結晶(雲母薄膜)回折像を得ることに成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池正士 きくち-せいし

1902-1974 昭和時代の物理学者。
明治35年8月25日生まれ。菊池大麓(だいろく)の4男。理化学研究所にはいり,昭和3年世界ではじめて単結晶による電子線回折像(菊池線)を解析した。9年大阪帝大教授となり,サイクロトロンを建設。30年東大原子核研究所初代所長,34年原子力研究所理事長,41年東京理大学長。その間の7年学士院メンデンホール記念賞,26年文化勲章。昭和49年11月12日死去。72歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「量子力学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きくちせいし【菊池正士】

1902‐74(明治35‐昭和49)
実験物理学者。菊池大麓の次男として東京に生まれる。1926年東京帝国大学物理学科を卒業,理化学研究所西川正治研究室に入る。西川正治の影響の下,量子力学の誕生まもない時期に電子の波動性を検証する実験を行い,雲母の薄板による電子線の回折像(菊池像と呼ばれる)を世界に先がけて得(1928),この研究により31年に服部報公会賞,32年に帝国学士院メンデンホール記念賞を受けた。この間,1929年からドイツへ留学,W.K.ハイゼンベルクらと交流した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きくちせいし【菊池正士】

1902~1974) 実験物理学者。東京生まれ。大麓の四男。東大卒。雲母の薄膜による電子線の回折像(菊池像と呼ばれる)を得、量子力学の発展に寄与。戦後は原子力研究機関の要職を歴任。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池正士
きくちせいし
(1902―1974)

実験物理学者。数学者菊池大麓(だいろく)を父に東京に生まれる。1926年(大正15)東京帝国大学を卒業し、理化学研究所(西川正治(しょうじ)研究室)に入った。ただちに雲母箔(うんもはく)を用いた電子線の回折実験にとりかかり、電子の波動性を実証する回折像(菊池線、菊池帯など)を得た(1928)。1929年(昭和4)から2年間ドイツに留学し、ボルン、ハイゼンベルクのもとで量子力学の理論を学んだ。帰国後、新設された大阪帝国大学(長岡半太郎総長)の教授となり、原子核実験を行うためのコッククロフト‐ウォルトン式高電圧装置、サイクロトロン加速器を建設した。第二次世界大戦中は、海軍でレーダーの開発に従事した。戦後、1950年(昭和25)にベーテの招きでコーネル大学などで原子核実験を続けた。帰国後、1952年大阪大学にサイクロトロンを再建し、1955年東京大学原子核研究所の初代所長、1958年原子力委員会委員、1959年から1964年日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)理事長、1960年から東京理科大学学長などを歴任した。[小林武信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池正士の関連キーワード落合麒一郎坂井卓三田中務富山小太郎中村清二藤原武夫真島正市武藤俊之助山田光雄山内恭彦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊池正士の関連情報