デービッド フィンチャー(英語表記)David Fincher

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督

国籍
米国

生年月日
1962年8月28日

出生地
コロラド州デンバー

本名
Fincher,David Leo

学歴
オレゴン州アシュランド高〔1980年〕卒

受賞
ゴールデン・グローブ賞作品賞・監督賞(第68回,2010年度)〔2011年〕「ソーシャル・ネットワーク」,BAFTA賞監督賞〔2011年〕「ソーシャル・ネットワーク」

経歴
地方のテレビ局のニュース・ショーの仕事からスタートし、19歳の時ジョージ・ルーカスの主宰するILMに参加、「スターウォーズ/ジェダイの復讐」「スター・トレック3」「コクーン」「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」などの特撮製作に参加。21歳からプロとしてビデオの製作を始め、24歳で会社を設立。マドンナ、ジョージ・マイケル、ビリー・アイドルなどのミュージシャンのビデオクリップを手がけ、革新的でクリエイティブと評価され注目を浴びた。代表作にマドンナ「ヴォーグ」(1990年)がある。CFの世界でもペプシ、レブロン、リーバイスといった大企業のコマーシャルを手がける。プロパガンダ・フィルムの創立者の一人。’92年映画「エイリアン3」で長編映画監督デビュー。その後、ブラッド・ピット主演の「セブン」(’95年)、「ファイト・クラブ」(’99年)を大ヒットさせる。2008年F.スコット・フィッツジェラルドの短編小説を大胆、自由に脚色した「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(ブラッド・ピット主演)が第81回アカデミー賞の13部門にノミネートされる。2010年フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグを描いた「ソーシャル・ネットワーク」を監督、第83回アカデミー賞作品賞・監督賞にノミネートされ、第68回ゴールデン・グローブ賞作品賞・監督賞を受賞。2011年スウェーデンの世界的ベストセラー・ミステリーを映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」を発表。他の作品に「ゲーム」(1997年)、「パニック・ルーム」(2002年)、「ゾディアック」(2007年)、「ゴーン・ガール」(2014年)、テレビシリーズ「ハウス・オブ・ガード 野望の階段」(2013年,製作総指揮も)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android