トゥトモス4世(読み)トゥトモスよんせい(英語表記)Thutmose IV; Thuthmosis IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥトモス4世
トゥトモスよんせい
Thutmose IV; Thuthmosis IV

古代エジプト第 18王朝8代目の王 (在位前 1425~前 1417) 。トゥトモシス4世とも呼ばれる。メンフィスで軍事訓練を受け,スフィンクスの神ホロスからファラオとなる夢の告示を授けられたという (正統の後継者でなかったらしい) 。父アメンホテプ2世の跡を継いで即位。シリア,パレスチナ地方に遠征。小アジアのヒッタイト勢力の台頭に対してミタンニと同盟,その王女を妻とした。治世8年目に下ヌビアの反乱を鎮圧。先代の王たちの外征で国力は増強され,治世中安泰が続いた。祖父の着手したヌビアの大神殿を完成。テーベに建てたオベリスクは現在ローマのラテラノ大聖堂の前にある。 1903年王の墓が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android