トゥバン(英語表記)Tuban

  • Thuban

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドネシア,ジャワ島東部,ジャワティムール州北部,ジャワ海にのぞむ港町スラバヤ西北西約 85kmにあり,幹線国道で結ばれる。イネ,トウモロコシ栽培地域の商業中心地。かつてはアヘンの密輸基地でもあった。人口6万 5981 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅう座のα星。この名は,〈〉のアラビア語に由来する。竜のに近い位置にあり,4等星であまり目だたない。しかし,この星は前2700年ごろの北極星であった。地球の歳差運動のため,天の北極はほぼ2万6000年を周期に天球上を移動する。トゥバンが北極星であったころは,エジプトで次々と大ピラミッドの建設が進められていた。ちなみに,クフ王のピラミッド内部には,墓室からトゥバンを見通す一直線の穴がうがたれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android