コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥピナンバ族 トゥピナンバぞく Tupinambá

1件 の用語解説(トゥピナンバ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥピナンバ族
トゥピナンバぞく
Tupinambá

ブラジル東海岸に住むラテンアメリカインディアンの一民族。言語はトゥピ諸語に属する。 16世紀頃には東海岸全域にわたり分布し,数多くの小規模下位集団に分れていた。マニオク (キャッサバ) とトウモロコシの集約的農耕と漁業によって,南アメリカ熱帯雨林地帯では最大規模の村落社会を成立させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥピナンバ族の関連キーワードアメリカインディアンラテンアメリカラテン音楽ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体ラテンアメリカカリブ経済委員会ラテンアメリカ経済委員会ラテンアメリカにおける想像と暴力ラテン・アメリカ経済機構ラテン・アメリカ自由貿易連合ラテン・アメリカ映画

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone