コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化英雄 ぶんかえいゆう culture hero

翻訳|culture hero

4件 の用語解説(文化英雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化英雄
ぶんかえいゆう
culture hero

神話に登場する人類に有益な発明や発見をもたらした人物のこと。動物の姿をとっていることも多い。文化の創設者であり,彼を媒介として現在の諸文化や諸制度が基礎づけられていると考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんかえいゆう【文化英雄 culture hero】

人間社会にさまざまの文化要素や社会的諸制度をもたらした存在をいい,とくに神話学上この語が用いられることが多い。文化英雄は,至高神や創造神と異なり,既存の世界を前提として,新しい文化要素の発明・発見を行うが,その創造行為は全面的なものでなく,特定の範囲に限定される。日本神話では,大国主神が文化英雄の性格を持つ。彼は,医薬を発明し,虫害・鳥獣の害を除去する法を定めたと伝えられる。農耕や医薬,占い,法などを発明した神農(しんのう)や,書契の法を考案し婚姻の礼を定め,漁猟や祭器を教えた伏羲(ふくぎ)なども,中国神話における文化英雄である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんかえいゆう【文化英雄】

神話の中で、その社会に火や技術、農作物などの基本的な文化要素を最初に持ち込んだ者。ギリシャ神話のプロメテウスや日本神話の大国主命などが代表的。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文化英雄
ぶんかえいゆう
culture hero

神話のなかで、人類に役だつ、あるいは有意義な発明・発見をもたらし、世界の文化的秩序の設定に寄与する存在をよぶ神話学上の用語。文化英雄は、至高神や創造神とは異なり、既存の世界のうえで、特定の文化要素の創造や秩序の設定を行う存在で、人の形だけでなく、動物の姿をとることも多い。民族の始祖としての性格をもつことがある。代表的なものにギリシア神話プロメテウスがある。彼は、天神の意志に逆らい、天神を欺いて、火や穀物の恩恵を人間にもたらした。しかし結果において病気や災厄も導入されたように、その働きは両義的である。両義性は、神と人との中間の位置を占める文化英雄自身の性格でもあり、このことは、彼が、神話の構造上、媒介者の機能をもつことを意味する。それゆえ文化英雄は、しばしばトリックスターとしても登場する。北米先住民の神話では、コヨーテなどの動物が文化英雄=トリックスターであり、創造神の仕事を手伝ってそれを完成させるとともに、しばしばいたずら反社会的行動を行い、秩序の破壊や創造のじゃまをする。
 穀物盗みをモチーフとするプロメテウス型の神話が穀物栽培民文化を背景とするのに対し、イモ類栽培民の間におもにみられるのはハイヌウェレ型神話である。この話では、神話の時代の終わりに活躍する神的存在が、殺され、自らの死体から作物や火などの人間に有用なものをもたらすことで、文化英雄の性格を帯びている。[田村克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文化英雄の言及

【トリックスター】より

…そのような登場人物をトリックスターという。トリックスターは,策略を用いる狡猾さ・賢さを賞賛される一方,欲望を制御できずに失敗する愚かさ・滑稽さを笑われる者であり,また人間に火や文明をもたらす文化英雄的な神であると同時に,単なるいたずら好きの反社会的な破壊者でもある。そこでは,善なる文化英雄と悪しき破壊者,あるいは賢者と愚者という,法や秩序からみれば一貫性を欠いた矛盾する役割が,一主人公の属性として語られる。…

【火】より

…このときから人々は,これらの木や石から火を得ることができるようになったという。 ギリシア神話では,人間に火を与えたプロメテウスはまた,家や船や牧畜から文字や数などまで,あらゆる文化を人間に教えたとも言われる文化英雄で,火と結びつきの深い鍛冶神のヘファイストスは,同時にあらゆる技術の神でもあった。このように火と技術や文化を結びつける観念も,当然のことだが,世界中の神話に共通して見いだされる。…

※「文化英雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文化英雄の関連キーワード社会的絆社会的リスク災害社会的性格社会的費用社会的分業社会的社会倫理反社会的エシカル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化英雄の関連情報