コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウダイグサ(灯台草) トウダイグサEuphorbia helioscopia; sun spurge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウダイグサ(灯台草)
トウダイグサ
Euphorbia helioscopia; sun spurge

トウダイグサ科の二年草で,旧大陸の暖温帯に広く分布する。日本では北海道を除く各地の平地の路傍や堤防などに普通に生える。晩秋に芽を出して越年し,翌年の春に開花する。は 20~40cmの高さで,円柱形で強く,直立する。葉や茎に白い乳液を含み有毒とされる。葉は互生し無柄のへら形または倒卵形で,長さ2~3cmあり,縁に細かい鋸歯がある。枝先の分枝点では5枚の葉が輪生する。雌雄異花で4~5月に開花する。茎頂に生じる花序は一見1つの花に見えるが,壺形に癒着した総包葉内に数個の花が入ったもので杯状花序と呼ばれる。この花序には1個の雌花と数個の雄花があり,雌花はめしべ1本だけ,雄花はおしべ1本だけから成り,花被はない。種子は球状卵円形で褐色の網目模様がある。植物体が,昔あかりに用いた灯架に似ているのでトウダイグサという。同属近縁種タカトウダイ (高灯台) ,ナツトウダイ E. sieboldianaがあり,ともに各地の丘陵地に自生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トウダイグサ(灯台草)の関連キーワードトウダイグサ科ナツトウダイ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android