トキリマメ

百科事典マイペディアの解説

トキリマメ

オオバタンキリマメとも。本州,九州,朝鮮半島の山野にはえるマメ科のつる性多年草。葉は先のとがった卵形の小葉3枚からなり,下面に黄色の腺点がある。夏,葉腋から短い花穂を出し,黄色で長さ約1cmの蝶(ちょう)形花を十数個密につける。豆果は繭形の楕円形で長さ約1.5cm,中に2個の黒色の種子があり,熟すと裂開する。さやが赤いのでベニカワともいう。近縁のタンキリマメはトキリマメによく似ているが,小葉は少し厚くて,毛が多く,広倒卵形で先はとがらない。本州(千葉県以西)〜沖縄,東アジアに分布する。種子や葉を薬用とし,痰切豆の名もこれに基づく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキリマメ
ときりまめ
[学]Rhynchosia acuminatifolia Makino

マメ科のつる性多年草。別名オオバタンキリマメ。全体に黄褐色の毛がまばらに生え、葉の裏面や萼(がく)に黄色の腺点(せんてん)がある。葉は3小葉からなり、各小葉は卵形で長さ4~6センチメートル、先端がとがる。8~9月、葉腋(ようえき)の短い総状花序に小さな黄色花をまばらにつける。豆果は楕円(だえん)形で紅色に熟し、黒色の2種子を含む。宮城県以西の本州から九州の山麓(さんろく)の林縁に生え、朝鮮半島、中国にも分布する。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトキリマメの言及

【タンキリマメ】より

…日本では千葉県以西,琉球諸島までみられ,朝鮮,中国,フィリピンに分布する。 トキリマメR.acuminatifolia Makinoはタンキリマメに似ているが,小葉の先がとがっている。トキリはこのとがり(とぎり)に由来するともいわれている。…

※「トキリマメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android