コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痰切豆 タンキリマメ

デジタル大辞泉の解説

たんきり‐まめ【×痰切豆】

マメ科の蔓性(つるせい)の多年草暖地山野にみられ、全体に褐色の毛がある。葉は3枚の小葉からなる複葉。夏、黄色い蝶形花をつけ、秋に莢(さや)が赤く熟すと2個の黒い種子を出す。種子を煎(せん)じて痰を切る民間薬にする。外郎豆(ういろうまめ)。巾着豆(きんちゃくまめ)。きつねまめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんきりまめ【痰切豆】

マメ科のつる性多年草。暖地の山野に自生。茎・葉に褐色の短粗毛がある。葉は互生で、柄の長い三出複葉。夏、葉腋に黄色の小蝶形花を総状につける。豆果は赤く熟し、黒色の種子を二個露出する。種子を煎じて去痰薬とする。外郎ういろう豆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

痰切豆 (タンキリマメ)

学名:Rhynchosia volubilis
植物。マメ科のつる性多年草

痰切豆 (タンキリマメ)

植物。マメ科のつる性一年草。ツルマメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

痰切豆の関連キーワードタンキリマメ去痰薬黒色互生葉腋総状自生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android