トトル詩選集(読み)トトルしせんしゅう(英語表記)Tottel's Miscellany

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスの出版者リチャード・トトル (1525?~94) によって刊行された詞華集。 1557年刊。それまでほとんど出版されなかった宮廷を一般読者に紹介した現存する最初の詩選。 16世紀末までに7版を重ね,収められた詩の数も 310編になった。初版の 271編のうち 97編は T.ワイアット,40編はサリー (伯),さらに 40編は N.グリモールディ,残りの 94編は作者不詳となっている。そのほとんどは恋愛抒情詩だが,エピグラム墓碑銘哀歌風刺詩田園詩,物語詩,さらにはラテン,フランス,イタリアの詩の翻訳も含まれる。英語による最初のソネットや,おそらく最初の無韻詩もみられ,近代英詩の端緒を開いたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android