コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビナナフシ トビナナフシ Micadina phluctaenoides

2件 の用語解説(トビナナフシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビナナフシ
トビナナフシ
Micadina phluctaenoides

ナナフシ目トビナナフシムシ科。体長 40~50mm。体は緑色,比較的短太で,頭部は他のナナフシ類に比べてやや大きく,触角は糸状で長い。中胸背中央には縦隆起がある。有翅であるが前翅は小さく円形,後翅は腹部中央に達する程度の長さで扇状に広げることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビナナフシ
とびななふし / 飛竹節虫
[学]Micadina phluctaenoides

昆虫綱ナナフシ目ナナフシ科に属する昆虫。全体が緑色で、後翅(こうし)のみ薄桃色の美しいナナフシ。体長50ミリメートル前後。頭部は他種に比べてやや大きく、触角は長い。前翅は小さくて円形。後翅は長いが、せいぜい腹部中央に達する程度で、静止時に前翅下から露出する部分は緑色。成虫は夏季出現し、クヌギやシイなどの葉を好んで食べる。比較的よく飛ぶ。本州、九州に分布する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトビナナフシの言及

【ナナフシ(七節)】より

…世界から約2000種が知られ,日本には十数種を産する。ナナフシのほか,エダナナフシ,トビナナフシ,オキナワナナフシなどが代表種である。【山崎 柄根】
[利用]
 タイの薬屋にはナナフシの糞を売っているという。…

※「トビナナフシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トビナナフシの関連キーワードウミナナフシ木の葉虫飛七節七節ふしぎなナイフコノハムシ(木の葉虫)ナナフシ(七節)エダナナフシオキナワナナフシオニナナフシ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone