コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビーノ トビーノ Tobino, Mario

2件 の用語解説(トビーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビーノ
トビーノ
Tobino, Mario

[生]1910.1.16. ビアレッジョ
[没]1991. アグリジェント
イタリアの小説家,詩人。第2次世界大戦に医師として従軍したが,のち抵抗運動に身を投じ,戦後はその体験をもとにした小説を発表している。ネオレアリズモ作家の一人。主著『ビアッソリの残り火』 La brace di Biassoli (1956) ,『非合法活動』 Il clandestino (1962) ,『古き階段を通って』 Per le antiche scale (1972) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビーノ
とびーの
Mario Tobino
(1910―1991)

イタリアの小説家、詩人。トスカナ地方のビアレッジョに生まれ、ボローニャ大学で医学を修めて、精神科医となる。かたわら、1930年代にまず詩人として世に出、第二次世界大戦後は、北アフリカでの戦場体験や故郷におけるレジスタンス、あるいは精神科病院など、自己の体験を素材に、独特な陽性の叙情を響かせた小説を次々に発表して名をなした。代表作は『リビア砂漠』(1952)、『マリアーノの自由な女たち』(1953)、『ビアッソーリの炭火』(1956)、『地下抵抗部隊』(1962)など。[林 和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トビーノの関連キーワードビアレッジョジュニアカレッジナレッジビレッジアイススレッジエンカレッジグリニッジビレジスレッジレッジェーロコロンビア・カレッジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone