コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリオレ トリオレ Triolet, Elsa

2件 の用語解説(トリオレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリオレ
トリオレ
Triolet, Elsa

[生]1896.9.25. モスクワ
[没]1970.6.16. パリ
フランス女流作家マヤコフスキーの義妹。初めロシア語で著作。 1928年タヒチ旅行から帰ったのち,アラゴンと結婚。『今晩は,テレーズ』 Bonsoir,Thérèse (1938) 以下,『白い馬』 Le Cheval blanc (43) ,『最初のほころびは 200フラン』 Le Premier accroc coûte deux cents francs (44,ゴンクール賞) ,『赤い馬』 Le Cheval roux (53) ,『ナイロン時代』L'Âge de nylon (60) などの小説を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリオレ
とりおれ
Elsa Triolet
(1896―1970)

フランスの女流小説家。モスクワに生まれる。初めロシアに派遣されたフランス人将校アンドレ・トリオレと結婚。フランスに移住し、1928年アラゴンと再婚、終生彼の愛の伴侶(はんりょ)となる。ゴーリキーから小説の手ほどきを受け、ロシア語およびフランス語で多くの小説を発表。中短編集『最初のほころびは200フランかかる』で45年度のゴンクール賞を受賞。姉リリヤ・ブリークLilia Brikはロシアの詩人マヤコフスキーの愛人。[稲田三吉]
『広田正敏訳『最初のほころびは200フランかかる』(『世界短編名作選フランス編2』所収・1978・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリオレの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリオレの関連情報