コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリコミケテス Trichomycetes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリコミケテス
Trichomycetes

藻菌類として扱われている菌類の一群。そのうちアメビディウム Amoebidiumはユスリカの幼虫の体表に着生するが,他のものはすべて節足動物の腸管内の,それぞれ決った個所に着生して,腸内を通過する食物がある程度消化されたものを利用している。エンテロブリウス Enterobryusはヤスデの後腸,ハルペラ Harpellaはブユの幼虫の中腸,スタキライナ Stachylinaはユスリカの中腸,スミティウム Smittiumはボウフラの後腸末端,エンテロミケス Enteromycesアカテガニの前腸に着生するなどきわめて特異な生態をとる。分節胞子でふえ,有性生殖の知られているものでは変った形態の接合子を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリコミケテス【Trichomycetes】

接合菌類の中で特殊な位置を占める1綱。大部分の種は,ヤスデや昆虫をはじめとする節足動物の体表や消化管に付着して生活している。菌糸は付着器により動物の外骨格や消化管壁についており,隔壁をもたない。有性生殖は一部の菌で認められ,接合菌類についた菌糸接合により起こる。無性生殖胞子囊胞子あるいは分節型分生子による。現在,Harpellales,Asellariales,Kickxellales,Amoebidiales,Eccrinalesの5目に分けられているが,この綱の菌群の分類位置に関しては不明な点が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

トリコミケテスの関連キーワードユスリカ中腸

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android