コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリフェニルクロロメタン triphenylchloromethane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリフェニルクロロメタン
triphenylchloromethane

化学式 (C6H5)3CCl 。無色結晶。融点 112~113℃。塩化トリフェニルメチルともいう。そのベンゼン溶液に銀粉を加えると,トリフェニルメチル遊離基 (C6H5)3C・ を生じ,黄色を呈する。この反応は M.ゴンベルグによって研究され,最初の遊離基の発見 (1900) となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トリフェニルクロロメタンの関連キーワード塩化トリフェニルメチルトリフェニルメタントリフェニルメチル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android