けちる

精選版 日本国語大辞典「けちる」の解説

けち‐・る

〘自ラ五〙 (「けち」を動詞に活用させたもの) 物惜しみする。けちけちする。
※受胎旅行(1967)〈野坂昭如〉「なにもそうけちらんかて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「けちる」の解説

けち・る

[動ラ五]《「けち」の動詞化》出しおしむ。けちけちする。「チップを―・る」
[類語]節約倹約セーブエコノミー切り詰める引き締めるつづめる節するけちけちする出し惜しむ出し渋る爪に火を点す財布の紐を締める財布の紐が堅い始末経済節倹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android