コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリプラ[州] Tripura

1件 の用語解説(トリプラ[州]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トリプラ[州]【Tripura】

インド北東部の州。アラカン山系北西端に位置し,東を除く三方をバングラデシュに囲まれている。面積1万0500km2,人口276万(1991)。州都はアガルタラAgartala。西端部はガンガー(ガンジス)・ブラフマプトラ三角州に属し標高50mに満たない平原であるが,中央部以東は標高600m以下の低い丘陵が南北に並走する。平原と谷底平野では水田や常畑で米,ジュートサトウキビ,綿花,菜種が栽培されるが,丘陵ではチベットビルマ語系諸族が焼畑農業を営んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリプラ[州]の関連キーワードカラカルヨークシャーアッサム嘉峪関シッキム南アジアウィンダミア伽耶ラジャスタンパランドケン山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone