コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガルタラ アガルタラ Agartala

3件 の用語解説(アガルタラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガルタラ
アガルタラ
Agartala

インド北東部,トリプラ州西部にある同州の州都。バングラデシュとの国境近くに位置。米,ジュート,野菜などを集散するほか若干の軽工業がある。道路がアッサム州に続いており,空港とカルカッタ大学カレッジ4校がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アガルタラ(Agartala)

インド北東部、トリプラ州の都市。同州の州都。バングラデシュとの国境に近い。米、ジュート、綿花などの集散地。製紙業、繊維業などの軽工業が発達。かつてトリプラ藩王国の宮殿だった州庁舎がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガルタラ
あがるたら
Agartala

インド北東部、トリプラ州の州都。人口18万9327(2001)。州内で産する米、ジュート、菜種、サトウキビ、綿花などの集散地として発達した。茶、たばこ、小麦粉、食用油、手織布などの製造が伝統的に行われている。近代工業の必要性が叫ばれ、製紙、ジュート工業の誕生をみた。バングラデシュを挟んでインド北東部に位置するトリプラ州の空の玄関としても重要。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアガルタラの言及

【トリプラ[州]】より

…面積1万0500km2,人口276万(1991)。州都はアガルタラAgartala。西端部はガンガー(ガンジス)・ブラフマプトラ三角州に属し標高50mに満たない平原であるが,中央部以東は標高600m以下の低い丘陵が南北に並走する。…

※「アガルタラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アガルタラの関連キーワードノーサンバーランドトリプラパンリプラントリプラス426トリプラス カラーペントリプラス ボールトリプラス マイクロトリプラス ローラージャンムー・カシミール[州]トリプラー (tripler)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone