コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロコイド波 トロコイドは

百科事典マイペディアの解説

トロコイド波【トロコイドは】

水面の波のうち,波の高さが無視できない大きさをもち,水の深さが無限大とみなせるときは,水面でも水中でも水の粒子がそれぞれ鉛直面内で円運動をしていると考えて,数学的に厳密に解くことができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロコイド波
トロコイドは
trochoidal wave

深海の表面にできる波長の長い波。波は進んでも,水の粒子は小範囲で運動するだけであることを浮きの動きから知ることができる。表面の水粒子は波の振幅に等しい半径の円を描き,水面の形はトロコイド曲線となるので,この名がある。水面下の水粒子の描く円の半径は深さが増すと指数関数的に急に減少する。浅い海では底の影響のために,水粒子は楕円を描くので,水面の形もトロコイドでなくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トロコイド波の関連キーワード有限振幅波

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android