コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロシュ トロシュ Trochu, Louis-Jules

2件 の用語解説(トロシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロシュ
トロシュ
Trochu, Louis-Jules

[生]1815.5.12. ベルイール,ルバレ
[没]1896.10.7. ツール
フランスの軍人,将軍。ルイ・ナポレオン (ナポレオン3世) の副官。クリミヤ戦争 (1854~56) ,イタリア遠征 (59) に参加,普仏戦争勃発の際,1870年9月4日第二帝政が崩壊して共和政が宣言されるやパリ総督,防衛司令官に就任,次いで国防政府首席となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロシュ
とろしゅ
Louis Jules Trochu
(1815―1896)

フランスの将軍、政治家。アルジェリア征服、クリミア戦争イタリア統一戦争に出征、1866年将軍となったが、第二帝政陸軍の無規律と無能を批判する著書を出版したためナポレオン3世の不興を買い、逆に民衆の人気を得た。プロイセンフランス戦争初期の1870年8月14日、第二帝政最後のパリカオ内閣によってパリ軍事総督に任命され、9月4日の帝政崩壊後に成立した国防仮政府の首班に推され、首都の籠城(ろうじょう)戦を指導した。しかし、専守防衛の「トロシュ・プラン」は降伏路線と受け取られ、パリ民衆の不信を招き、休戦条約締結1週間前の1871年1月21日に軍事総督を辞任。2月に国民議会に選出され、オルレアン派に位置したが、翌1872年辞任、政界を退いた。[桂 圭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロシュの関連キーワードRERLEベルイル島ルイーズ広場RERFCREマリオ&ルイージRPG2マリオ&ルイージRPG3!!!ソウルイーターNew スーパールイージ U

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロシュの関連情報