トロ族(読み)トロぞく(英語表記)Toro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロ族
トロぞく
Toro

ウガンダ西部,モブツセセセコ湖 (アルバート湖) の南に住む湖間バンツー語系諸族の一民族。人口約 50万と推定される。今日,多くの者は雑穀類やプランテンバナナ,さつまいもを栽培する農耕民。 1830年頃ニョロ族の王族の一王子によってニョロから分離し独立の王国となった。文化的,言語的にニョロときわめて類似している。かつては形質的特徴も異なる牧畜民ヒマ人と農耕民のイル人から成っていたが,高い威信をもつトロの多くはヒマを自称する。社会組織は 150の氏族,亜氏族から成っている。分散した村に住み,出自と相続は父系をたどるが,今日出自集団は地域化していない。半数以上がキリスト教徒となっているが,伝統的信仰も根強く残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android