トーマス ピンチョン(英語表記)Thomas Pynchon

現代外国人名録2016「トーマス ピンチョン」の解説

トーマス ピンチョン
Thomas Pynchon

職業・肩書
作家

国籍
米国

生年月日
1937年5月8日

出生地
ニューヨーク州ロングアイランド

本名
Pynchon,Thomas Ruggles,Jr.

学歴
コーネル大学卒

資格
米国芸術科学アカデミー会員〔2009年〕

受賞
ウィリアム・フォークナー賞〔1963年〕「V.」,全米図書賞〔1973年〕「重力

経歴
ピンチョン家はアメリカ最古の家柄の一つで父は測量技師。1953年16歳でコーネル大学応用物理工学科に入学。途中2年間の海軍生活を経て、’57年に復学、英文科に移る。学生文芸誌「コーネル・ライター」の編集に参加し、’59年同誌に処女短編「小量の雨」を発表。大学卒業後、’62年までテクニカル・ライターとしてボーイング社に勤務。’60年「エントロピー」を発表。’63年二つの世界大戦前後の歴史を物語った百科全書小説「V.」を発表してフォークナー賞を受賞する。最先端の科学知識と幻想的イメージを用い、複雑で難解な語り口で現代の恐怖を描く。以後、公式な場に現われず、くわしい経歴や素顔は謎に包まれている。寡作だが、評論家の評価は極めて高く、現代を代表するポストモダニズム文学の作家として知られる。他の作品に「競売ナンバー49の叫び」(’66年)、「重力の虹」(’73年,全米図書賞)、初期短編を収録した「スロー・ラーナー」(’84年)、「ヴァインランド」(’89年)、「メイスン&ディクスン〈上・下〉」(’96年)、「逆光」(2006年)、「インヒアレント・ヴァイス(固有の瑕疵)」(邦題・「LAヴァイス」)(2009年)、「ブリーディング・エッジ」(2013年)などがある。2010年新潮社より「トマス・ピンチョン全小説」が刊行された。2014年「インヒアレント・ヴァイス」がポール・トーマス・アンダーソン監督によって映画化される。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android