コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆光(読み)ぎゃっこう

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐こう〔‐クワウ〕【逆光】

ぎゃっこう

ぎゃっ‐こう〔ギヤククワウ〕【逆光】

《「逆光線」の略》写真などで、対象物の背後からさす光。「逆光を受けて樹木が黒々と見える」⇔順光
[補説]書名別項。→逆光

ぎゃっこう【逆光】[書名]

《原題Against the Day》米国の小説家ピンチョン長編小説。2006年刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

逆光

 被写体の背後からカメラに向かって光源が照らしている状態。そのまま撮ると、かんじんの被写体は影のようにつぶれて写ってしまうことがほとんど。被写体の明暗差が大きいため、どこを測って露出を決めるかによって仕上がりは大きく異なるが、主要被写体に露出を合わせると、背景は露出オーバーになり、主要被写体が背景から浮き上がった印象の写真になる。 → 斜光 / 順光

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆光の関連情報