コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則 Thomas-Reiche-Kuhn sum rule

法則の辞典の解説

トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則【Thomas-Reiche-Kuhn sum rule】

前期量子論の最後の時期(1925年頃),原子と光との相互作用については,基底状態励起状態とのエネルギー差をプランク定数で割った値の振動数をもつ「仮想振動子」の集合と光との相互作用として把握されていた.i 番目の励起状態への遷移確率 fi は「分散電子」と呼ばれた.

このモデルから導かれる水素原子分極率を,光の高振動数極限で古典論と比較し

fi=1(すなわち本当の電子の数)

が導かれた.これをトーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則(f‐総和則*)という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則の関連キーワードf‐総和則前期量子論遷移確率番目

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android