コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則 Thomas-Reiche-Kuhn sum rule

1件 の用語解説(トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則【Thomas-Reiche-Kuhn sum rule】

前期量子論の最後の時期(1925年頃),原子と光との相互作用については,基底状態励起状態とのエネルギー差をプランク定数で割った値の振動数をもつ「仮想振動子」の集合と光との相互作用として把握されていた.i 番目の励起状態への遷移確率 fi は「分散電子」と呼ばれた.

このモデルから導かれる水素原子の分極率を,光の高振動数極限で古典論と比較し

fi=1(すなわち本当の電子の数)

が導かれた.これをトーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則(f‐総和則*)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則の関連キーワード白亜紀量子仮説量子論名残の裏納会落句因果律(量子論)ボーアの対応原理並木美喜雄町田茂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone