コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーロップ(英語表記)Jan Toorop

世界大百科事典 第2版の解説

トーロップ【Jan Toorop】

1858‐1928
オランダの画家。正式名はヨハネス・テオドールJohannes Theodoor T.。ジャワ島の生れでイギリス,オランダ,ジャワの血をひく。アムステルダム,ブリュッセルの両アカデミーで学び,印象主義的画風から出発する。1885年に〈レ・バン(二十人組)〉の一員となって以後は,ベルギーの象徴主義的画家や文学者との交流を深める一方,数度のイギリス滞在を通じてラファエル前派やブレークの影響を消化してオランダにおける象徴主義絵画の礎を築いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトーロップの言及

【オランダ美術】より

…強烈な原色と荒い筆触を特色とする彼の絵画は,フォービスムや表現主義などの20世紀芸術に重要な指針を授けた。世紀の転換期の画家としては象徴派のトーロップ,街景と都会風俗を描いたブレイトネルがいる。19世紀の建築は復古様式の時代が長く続いた(カイペルスによるネオ・ルネサンス様式のアムステルダム国立美術館等)が,ベルラーヘのアムステルダム株式取引所(1903)によって近代建築の基礎が築かれた。…

※「トーロップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android