コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツゴイ

百科事典マイペディアの解説

ドイツゴイ

コイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツゴイ
どいつごい / 独逸鯉
German carp
[学]Cyprinus carpio

硬骨魚綱コイ目コイ科のコイの変種で、鱗(うろこ)の少ないコイの総称。大形の鱗が側線に沿って一列と、背びれの基部に一列あるラインゴイline carp、背びれの基部と尾柄(びへい)の一部にだけ大形の鱗があるカガミゴイ(鏡鯉)および鱗がほとんどないカワゴイ(革鯉)とがある。これらのうち、カガミゴイは成長や生残率がもっとも高く、同系交配をするとすべてこのタイプのものが出る。しかし、カワゴイとラインゴイは鱗が普通にあるコイ(ウロコゴイ)よりも成長や生残率が低い。とくにカワゴイの同型接合体(ホモサイゴートhomozygote)は、致死性のために実在するものは非常に少ない。1782年にオーストリアでカワゴイが発表されたのが最初の記録である。日本には、1904年(明治37)にドイツのアイシュ川沿い地方産のカワゴイ雌四尾とカガミゴイ雄一尾が初めて移入され、ドイツゴイの名はこれに由来している。その後、日本のコイとの雑種が各地に広まり、現在でも食用ゴイやニシキゴイのなかに、これら三つのタイプがみられる。ヨーロッパでは、鱗の少ないコイは料理しやすいので評判がよく、成長の速いカガミゴイが広く養殖の対象にされている。日本では、食用としてのドイツゴイは好まれないが、ニシキゴイの「秋水(しゅうすい)」や「ドイツ紅白」などの品種は、ラインゴイがとくによいとされている。1968年(昭和43)に旧西ドイツから、体高が高く、しかも成長の速いカガミゴイが再度移入された。このコイと日本産養殖種のヤマトゴイとの雑種であるヤマトカガミとよばれるものは、両親の種類よりも品質がよく、新しい食用ゴイとして推奨されている。[鈴木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドイツゴイの言及

【コイ(鯉)】より

… 以上は主として色彩,斑紋などを中心とした品種の分け方であるが,これらのほかにうろこの著しく少ない変異形質を選抜して育成された品種がある。これらは古くドイツを中心として改良育成されたもので,日本ではドイツゴイ(独逸鯉)と総称している。ドイツゴイはカワゴイLeder Karpfen(革鯉)とカガミゴイSpiegel Karpfen(鏡鯉)との2品種に細分される。…

※「ドイツゴイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドイツゴイの関連キーワードコイ(魚)ラインゴイカガミゴイカワゴイ鏡鯉革鯉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android