コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥシェック ドゥシェック Dušek, Jan Ladislav

2件 の用語解説(ドゥシェックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥシェック
ドゥシェック
Dušek, Jan Ladislav

[生]1760.2.12. ボヘミアチャスラフ
[没]1812.3.20. サンジェルマンアンレ
チェコの作曲家,ピアニスト。 C. P. E.バッハに師事。ヨーロッパ各地,特にパリとロンドンでピアニスト,ピアノ教師として名声を確立。その後プロシアの宮廷音楽家をつとめ,晩年はパリで活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥシェック
どぅしぇっく
Jan Ladislav Dussek (Dusk)
(1760―1812)

ボヘミア出身の作曲家、ピアノ奏者。ドゥシークともよばれる。オルガン奏者の父ヤンに学び、1779年からヨーロッパ各地で活躍、86年以降、パリでピアノ奏者、教育者として活動したが、フランス革命後はイギリスなどに移った。1804~06年、マクデブルクプロイセン王子ルイ・フェルディナントの楽長を務め、彼の戦死を悼んでピアノ・ソナタの傑作『エレジー・アルモニク』(1807)を作曲。その後はパリで演奏と教育を続けた。16曲の協奏曲、約50曲のソナタなどのピアノ曲がある。ステージ上にピアノを聴衆に横向きに置いて演奏する習慣は、彼の創始したものともいわれている。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥシェックの関連キーワードボヘミアボヘミア兄弟団ボヘミアガラスボヘミアングラスボヘミアの森からボヘミアンドリームボヘミアン・シェパード・ドッグボヘミア王国ボヘミア・ファルツ戦争ボヘミアン・タイ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥシェックの関連情報