ドゥルガー

百科事典マイペディアの解説

ドゥルガー

ヒンドゥー教の女神,シバの妃。カーリーの異名。血なまぐさい女戦士と観念され,獅子にまたがり,10本の手に武器をもって悪魔を殺す場面は画題として作例が多い。
→関連項目クマリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥルガー【Durgā】

ヒンドゥー教の大女神。シバ神の妻。パールバティーPārvatī,ウマーUmā,ガウリーGaurī,カーリーなどの別名をもつが,これらは元来別の女神であったと考えられている。ドゥルガーは〈超え難い女性〉という意味で,悪魔たちを殺す恐ろしい女性戦士とみなされている。特に,ライオンにまたがり,10本の腕に武器を持って水牛(マヒシャMahiṣa)の姿をとった悪魔(アスラ)を殺す場面は,しばしば絵画や彫刻の題材となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドゥルガーの言及

【インド神話】より

…シバの妃はパールバティーPārvatī(〈山の娘〉の意)である。彼女はヒマラヤの娘とされ,また,ウマー,ガウリー,ドゥルガーなどとも呼ばれ,血なまぐさい狂暴な姿をとるときは,カーリーと呼ばれる。軍神スカンダ(韋駄天)と象面のガネーシャ(聖天)は,シバとパールバティーの息子とされる。…

【カーリー】より

…ヒンドゥー教の主神シバの妃であるドゥルガー(別名パールバティー,ウマー,ガウリー)が恐ろしい形相をとった時の呼称とされるが,元来は別の神格であったようである。カーリー女神は牙のある口から長い舌をだらりとたらし,黒くて瘦せ細ったおぞましい姿で図像化される。…

【ダシャハラー】より

…秋の始まりを祝う祭りで,秋まきの小麦の予祝を含み,またそれぞれの家業で用いる道具を供養する仕事納め,仕事始めの要素ももつ。初めの9日間はドゥルガー・プージャーと呼ばれ,人々は断食し,ドゥルガー女神に賛歌,音楽,舞踊をささげる。最終日には神像を川で沐浴させる場合もある。…

【ビンディヤ[山脈]】より

…ビンディヤは命に従って頭を低く垂れたが,アガスティヤはその道を通ったまま戻ってこなかったので,ビンディヤはそれ以来ヒマラヤの高さに及ばなくなったという。またビンディヤ山にすむ水牛の姿をした悪魔マヒシャは,シバ神の神妃ドゥルガーに殺され,この山はドゥルガー女神の住所となった。そのためドゥルガーのことを〈ビンディヤ・バーシニー〉(〈ビンディヤに住む女〉の意)と呼ぶようになった。…

※「ドゥルガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android