コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウカンソウ ドウカンソウ

2件 の用語解説(ドウカンソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドウカンソウ
ドウカンソウ

サポナリア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドウカンソウ
どうかんそう / 道灌草
[学]Vaccaria pyramidata Medik (=Lychnis vaccaria Scop. =Saponaria vaccaria L.)

ナデシコ科の一年草。カスミソウに似た草姿で、全株無毛。茎は上部でまばらに分枝し、高さ約50センチメートル、ろう質で粉緑色にみえる。5月、集散花序をつくり、淡紅色で径約2センチメートルの5弁花を開く。白色花の変種もある。南ヨーロッパ西アジア原産。江戸時代に中国から導入され、江戸郊外の道灌山(どうかんやま)で栽培されたので、ドウカンソウの名がある。今日、学名のバッカリアの名で栽培され、花壇植えや切り花にする。切り花ではカスミソウのように添え花に利用する。性質は強健で、土質を選ばないが、日当りと排水のよい場所で育てる。おもに秋播(ま)きにするが、春播きもできる。[山口美智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone