コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドキュメンタリー劇 ドキュメンタリーげきDokumentartheater[ドイツ]

1件 の用語解説(ドキュメンタリー劇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドキュメンタリーげき【ドキュメンタリー劇 Dokumentartheater[ドイツ]】

1920年代にドイツで発展した演出方法とそれによるドラマの総称。〈記録演劇〉ともいう。演出家ピスカートルがパケAlfons Paquet(1881‐1944)の《旗》(1924),《津波》(1926)などの演出にあたって映写機などドキュメンタル機器を用いたのがはじまりで,事実性の強調に写真や映画が利用された。その後オーディオビジュアル機器の開発,発展もともなってこの演出方法は,社会性を重んじる左翼的演劇以外にもひろまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドキュメンタリー劇の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone