コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドグエラヒヒ ドグエラヒヒPapio doguera; Anubis baboon

2件 の用語解説(ドグエラヒヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドグエラヒヒ
ドグエラヒヒ
Papio doguera; Anubis baboon

霊長目オナガザル科。体形,大きさはチャクマヒヒに似る。体色は黒みを帯びたオリーブ色で,手足の毛色もほぼ同色。頸の背面の毛は短いたてがみ状になっている。 50頭内外の群れをつくって生活し,雄のリーダーに率いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドグエラヒヒ
どぐえらひひ
doguera baboon
[学]Papio anubis

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。アヌビスヒヒともいう。サハラ砂漠以南、タンザニア北部より北のサバンナ地帯に分布する。雄は体長75センチメートル、尾長55センチメートル、体重20~30キログラムになり、雌は小形である。顔は無毛で黒褐色、体毛はオリーブ色。地上性の傾向が強く、食性は植物性食物を中心とする雑食性で、レイヨウの幼獣やウサギをとらえて食べることもある。群れは10~100頭の複雄群である。キイロヒヒP. cynocephalusやチャクマヒヒP. ursinusなどとともにサバンナヒヒと総称されるが、これらを1種サバンナヒヒP. cynocephalusとしてまとめる考え方もある。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドグエラヒヒの言及

【サバンナヒヒ】より

…アフリカの乾燥帯に生息するヒヒの総称。ギニアヒヒPapio papio,ドグエラヒヒP.anubis,キイロヒヒP.cynocephalus,チャクマヒヒP.ursinusの4種を指す。サバンナヒヒを一つの種Papio cynocephalusとし,上記4種をその亜種とする説もある。…

※「ドグエラヒヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone