コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドグエラヒヒ ドグエラヒヒ Papio doguera; Anubis baboon

2件 の用語解説(ドグエラヒヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドグエラヒヒ
ドグエラヒヒ
Papio doguera; Anubis baboon

霊長目オナガザル科。体形,大きさはチャクマヒヒに似る。体色は黒みを帯びたオリーブ色で,手足の毛色もほぼ同色。頸の背面の毛は短いたてがみ状になっている。 50頭内外の群れをつくって生活し,雄のリーダーに率いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドグエラヒヒ
どぐえらひひ
doguera baboon
[学]Papio anubis

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。アヌビスヒヒともいう。サハラ砂漠以南、タンザニア北部より北のサバンナ地帯に分布する。雄は体長75センチメートル、尾長55センチメートル、体重20~30キログラムになり、雌は小形である。顔は無毛で黒褐色、体毛はオリーブ色。地上性の傾向が強く、食性は植物性食物を中心とする雑食性で、レイヨウの幼獣やウサギをとらえて食べることもある。群れは10~100頭の複雄群である。キイロヒヒP. cynocephalusやチャクマヒヒP. ursinusなどとともにサバンナヒヒと総称されるが、これらを1種サバンナヒヒP. cynocephalusとしてまとめる考え方もある。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドグエラヒヒの言及

【サバンナヒヒ】より

…アフリカの乾燥帯に生息するヒヒの総称。ギニアヒヒPapio papio,ドグエラヒヒP.anubis,キイロヒヒP.cynocephalus,チャクマヒヒP.ursinusの4種を指す。サバンナヒヒを一つの種Papio cynocephalusとし,上記4種をその亜種とする説もある。…

※「ドグエラヒヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドグエラヒヒの関連キーワードオナガザル旧世界ザルオナガザメ尾長猿グエノン台湾猿手長猿黒猿パタスモンキーオナガザル科

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone