ドシテオス[エルサレム](英語表記)Dositheos of Jerusalem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドシテオス[エルサレム]
Dositheos of Jerusalem

[生]1641.5.31. アラコバ
[没]1707.2.8. コンスタンチノープル
近代東方教会における重要な教会政治家,神学者。 1666年カエサレア大主教を経て,69年エルサレム総大主教となり,西欧プロテスタンティズムの影響が東方教会に及ぶのを防ぐためにエルサレムで教会会議を開き,カルバン主義によって正教会を改革しようとしたコンスタンチノープル総大主教ルカーリスの説を退けた。『エルサレム総主教区史』 (12巻,1715) ほか多数の著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android