コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドシテオス[エルサレム] Dositheos of Jerusalem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドシテオス[エルサレム]
Dositheos of Jerusalem

[生]1641.5.31. アラコバ
[没]1707.2.8. コンスタンチノープル
近代東方教会における重要な教会政治家,神学者。 1666年カエサレア大主教を経て,69年エルサレム総大主教となり,西欧プロテスタンティズムの影響が東方教会に及ぶのを防ぐためにエルサレムで教会会議を開き,カルバン主義によって正教会を改革しようとしたコンスタンチノープル総大主教ルカーリスの説を退けた。『エルサレム総主教区史』 (12巻,1715) ほか多数の著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドシテオス[エルサレム]の関連キーワードコンスタンチノープル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android