コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドシテオス[エルサレム] ドシテオス[エルサレム]Dositheos of Jerusalem

1件 の用語解説(ドシテオス[エルサレム]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドシテオス[エルサレム]
Dositheos of Jerusalem

[生]1641.5.31. アラコバ
[没]1707.2.8. コンスタンチノープル
近代東方教会における重要な教会政治家,神学者。 1666年カエサレア大主教を経て,69年エルサレム総大主教となり,西欧プロテスタンティズムの影響が東方教会に及ぶのを防ぐためにエルサレムで教会会議を開き,カルバン主義によって正教会を改革しようとしたコンスタンチノープル総大主教ルカーリスの説を退けた。『エルサレム総主教区史』 (12巻,1715) ほか多数の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドシテオス[エルサレム]の関連キーワードコリャード照山修理平戸オランダ商館吉良義央詩仙堂星室庁泉岳寺三筋町霊巌オランダ商館

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone