コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドシテオス Dositheos

1件 の用語解説(ドシテオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドシテオス【Dositheos】

1641‐1707
東方正教会エルサレム総主教。在位1669‐1707年。ギリシア人宗教改革ののち東方正教会に入りこんだカルバン派の影響力を排除するため,正教会の教義を成文化することを試み,1672年にエルサレムで開いた主教会議(ベツレヘム会議)で他の総主教の協力を得て,後代《ドシテオス信仰告白》の名で知られる教書を採択させた。これは,プロテスタント神学を論駁(ろんばく)するためにカトリック神学の方法と用語に頼りすぎたとして,ロシア正教会などから非難された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドシテオスの関連キーワード富士山コリャード照山修理渡辺秀石アウラングゼーブ長崎派アウラングゼーブ同君連合平戸オランダ商館吉良義央

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone