ドネツ丘陵(読み)どねつきゅうりょう(英語表記)Донецкий Кряж/Donetskiy Kryazh

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドネツ丘陵」の解説

ドネツ丘陵
どねつきゅうりょう
Донецкий Кряж/Donetskiy Kryazh

ウクライナ南東部をほぼ東西方向に延びる丘陵性高地。東西の長さ約370キロメートル。高度はおおむね200~300メートルで、最高点は367メートル。小麦、トウモロコシなどの生産や畜産が盛んである。また丘陵一帯は旧ソ連地域有数の炭田地帯で、ドネツ炭田(ドンバス)とよばれ、ドニエプル‐ドンバス工業地域を形成している。

[熊木洋太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドネツ丘陵」の解説

ドネツ丘陵
ドネツきゅうりょう
Donetsky kryazh

東ヨーロッパ平原南部にある高地ウクライナ東部からロシアにかけて東西約 370kmにわたって連なり,幅は東で 50km,西で 120km。最高点 367m。石炭砂岩頁岩石灰岩から成り,地表大部分耕地となっている。ドンバス (ドネツ炭田) とほぼ一致する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android