コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドネツ丘陵 ドネツきゅうりょう Donetsky kryazh

2件 の用語解説(ドネツ丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドネツ丘陵
ドネツきゅうりょう
Donetsky kryazh

東ヨーロッパ平原南部にある高地。ウクライナ東部からロシアにかけて東西約 370kmにわたって連なり,幅は東で 50km,西で 120km。最高点 367m。石炭,砂岩,頁岩,石灰岩から成り,地表の大部分は耕地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドネツ丘陵
どねつきゅうりょう
Донецкий Кряж Donetskiy Kryazh 

ウクライナ南東部をほぼ東西方向に延びる丘陵性高地。東西の長さ約370キロメートル。高度はおおむね200~300メートルで、最高点は367メートル。小麦、トウモロコシなどの生産や畜産が盛んである。また丘陵一帯は旧ソ連地域有数の炭田地帯で、ドネツ炭田(ドンバス)とよばれ、ドニエプル‐ドンバス工業地域を形成している。[熊木洋太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドネツ丘陵の関連キーワード東ヨーロッパ東ヨーロッパ人種南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシア東ヨーロッパ時間東ヨーロッパ標準時ヨーロッパ労働組合連合ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone