コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドネツ川 ドネツがわreka Donets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドネツ川
ドネツがわ
reka Donets

正式名称はセーベルスキードネツ Seversky Donets川。誤ってセーベルヌイドネツ Severny Donets (「北ドネツ」の意) ともいう。ロシア西部とウクライナ東部を流れる川。ドン川の右岸支流。全長 1053km。流域面積9万 8900km2ベルゴロドの北方,中央ロシア高地に源を発し,南流したのち南東へ向きを変えてドンバス (ドネツ炭田) 工業地帯の北縁を流れ,ウスチドネツキーの下流でドン川に注ぐ。下流部は乱流して多くの三日月湖を形成。 12月~3月は結氷。おもな支流はオスコル川,カリトバ川。ドンバスでは重工業生産物の運搬に利用され,水上交通が盛んであるが,工業地帯の水利用による汚染問題が生じている。沿岸のライゴロドク村近くで,ドンバス中心部と結ぶセーベルスキードネツ=ドンバス運河が始る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドネツ川
どねつがわ
Донец Donets

ウクライナとロシア連邦を流れる川。ドン川の支流の一つ。古代スラブ系のセベル人に由来するセベルスキー・ドネツ川Северский Донец/Severskiy Donets の正称をもつが、これが「北の」という意味のセーベルヌイ・ドネツ川Северный Донец/Severny Donets と誤り伝えられ、北ドネツ川ともよばれる。長さ1015キロメートル、流域面積9万9940平方キロメートル。中央ロシア台地の南部に発し、最初は南流、ペチェネギ・ダム(ハリコフ市の給水源)を経て、南東に向きを変え、ドネツ丘陵の北側・東側を通ってドン川に合流する。12月から2月まで結氷し、2月末から4月まで融雪水による洪水をみる。下流部222キロメートルの区間が航行可能。淡水漁業も行われている。[熊木洋太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドネツ川の関連キーワードカーメンスク・シャフチンスキーカーメンスクシャフチンスキースタールイオスコルアルチョモフスククラマトルスクリシチャンスクスラビャンスクベルゴロド州ルガンスク州ドルジコフカクラスノドンキーロフスクイジュームルガンスクハリコフ州ルベジノエバラクレヤドン[川]ブリャンカハリコフ