コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡水漁業 たんすいぎょぎょう freshwater fisheries

3件 の用語解説(淡水漁業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡水漁業
たんすいぎょぎょう
freshwater fisheries

川や湖など,淡水にすむ魚介類を対象として行われる漁業。一般に漁業が海水魚を対象としているのと区別するために使われる。対象となる魚はうなぎ,こい,虹ますなどが多い。日本における年間漁獲高は 11万 2000t (1990) ほどであるが,河川汚染の影響や地域開発生息環境の悪化,資源の減少等により近年減少傾向にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

淡水漁業【たんすいぎょぎょう】

淡水の河川・湖沼などで行われる漁業内水面漁業とほぼ同義であるが塩湖などを除く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡水漁業
たんすいぎょぎょう

河川や湖沼などの淡水域で行われる漁業で、普通、内水面漁業といわれる。(えり)、簀立(すだ)てなどの定置網や、刺網、簗(やな)、引網、投網(とあみ)、四手(よつで)網、釣り、貝掻(かいか)きなどの漁具により、サケ・マス類、アユ、ワカサギ、フナ、コイ、シジミなどを漁獲する。[吉原喜好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の淡水漁業の言及

【内水面漁業】より

…広義には内水面養殖業も含める。塩水湖,汽水湖なども含まれるので,厳密には淡水漁業と一致しないが,淡水生物を対象とする漁業と考えて大きなまちがいはない。おもな漁獲物はサケ・マス類,ワカサギ,アユ,コイ,フナ,ウナギ,ドジョウ,シジミなどで,養殖業も含めれば観賞用のキンギョ,ニシキゴイ,さらには淡水真珠なども生産されている。…

※「淡水漁業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

淡水漁業の関連キーワード川魚淡水水母エソックス立塩ドラドブルーグラミー塩干灰干し大毬苔虫魚介中毒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone